RIND

Silk jacquard woven fabricsMore info

Silk woven upholstery fabric, 2019
Client: Watabun
Kyoto, Japan

This «Bark» design was created to be added to the 2018 collection called «Elements», inspired by natural archetypes. This one was inspired by the trees «skin».This fabrics is woven in silk, with 2 colors, on 140 cm wide looms and both front and back sides can be used.
Established in 1906, Watabun is a well known weaving company situated in an old machiya house, on a stone paved street in the heart of Nishijin textile district in Kyoto.
 From yarn dyeing to weaving beautiful obi belts and restoring Noh theater costumes, the company perpe- tuates the original Nishijin techniques and working organization between the different expertises involved in the obi belt weaving process.
Very involved in promoting ancestral textile heritage, Watabun runs a textile museum next to their workshop that retrace the evolution of the woven textiles in Kyoto.

シルク織りの室内装飾用ファブリック、2019

クライアント:渡文

京都、日本

この«バーク» (樹皮)は、自然の定義をテーマにした2018のコレクション«エレメント» に付け加えてデザインされました。このデザインは樹の皮からインスピレーションを受け たものです。絹を使用して織られたこの生地は裏表両方使うことができ、2色展開、 140cm幅の織機を使って織られています。
1906年創業の渡文は京都の西陣地区の中心部に位置し、古い京町家に工房を構える有名 な織物会社です。 糸の染色から帯、能楽衣装の復元まで、織りに関わるさまざまなノウハ ウを結集し、西陣独自の伝統技法を継承しています。
渡文は先祖から受け継いだ家宝を公開、工房の隣では織物博物館を運営していて、京都の 織物の進化を辿ることができます。