PEBBLE

Katagami printed silk, 2019More info

Katagami printed textiles for fashion, 2018
Client : Tomita
Tokyo, Japan

Tomita is a katagami printing company established in 1914 in Tokyo. Specialised in Edo Komon and Edo Sarasa among other patterns. Tomita has an impressive amount of Ise- katagami paper stencils in its archives : around 120,000 and the fifth generation is still printing Edo komon and sarasa style patterns on scarves, furoshiki and other accessories.
I created this pattern called «Pebble» , using a quite simple shape, rather different from the rest of Tomita’s collection of designs which are mostly small and very detailed patterns. Because making katagami is a long process, I wanted to create something simple but still with a strong visual impact. Pebble design is printed in 2 colors on a 38 cm wide silk twill (the traditional kimono fabrics width).

ファッションテキスタイルに型染め、2018 

クライアント:富田

東京、日本

富田は1914年に東京で創業した型染めの工房です。数ある柄の中でも江戸小紋や江戸更紗 を中心とした文様を得意としています。富田のアーカイブには、驚くほど沢山の伊勢型紙 があり、その数は約12万枚です。工房の5代目は、今でもスカーフや風呂敷 などに江戸小 紋や更紗の文様を型染めしています。
富田では、今までの細かく細密な柄とは違う、とてもシンプルな«ペブル»(小石)と呼ば れる柄をデザインしました。型紙を作るのはとても時間がかかるため、シンプルながらも とても強い印象が残るようなものを作りたかったのです。«ペブル»のデザインは2色展開 で、伝統的な着物の生地幅である38cmのシルクツイルに型染めされています。