TE.ORI

Scarf collectionMore info

Scarf collection design, visual identity & Art direction, 2018
Client : TamiyaRaden, Yasuda, Furoshiki, Tayuh, Itoasobi
Tango, Japan

TE.ORI is a new scarf label created with 5 weavers from Tango, a beautiful city on the north coast of Kansai prefecture. «TE» means «hand» in japanese and «ORI» means «weaving». These 5 artisans do all the pro- cesses by hand and weave the fabrics themselves in Tango. In this beautiful region, 2 hours north of Kyoto, craftsmen have been weaving silk fabric, and especially «tango chirimen» for about 300 years and it is still one of Japan’s greatest silk producing areas, covering approximately 60% of the production for kimono fabric.

スカーフのデザイン、ビジュアルアイデンティティとアートディレクション、2018
クライアント:民谷螺鈿、安田、嶋津、田勇、糸あそび

丹後、日本

TE.ORIは、京都北部に位置する美しい海の町、丹後の織り手5人からなる新しいスカーフ のブランドです。«TE»は日本語 で«手»を意味し、«ORI»は«織り»を意味しています。5人 の職人がすべての工程を手作業で行い、地元丹後で織り上げています。京都から北に2時 間のところにあるこの美しい町では、職人が絹織物、 特に「丹後ちりめん」を約300年間 織り続けており、全国の着物生地の生産量の約60%を占める日本屈指の絹織物の生産地で す。