BASSO

Jacquard woven fabricsMore info

Textile for fashion, 2018
Client : Tayuh
Tango, Japan

Tayuh is a silk weaving company based in Tango specilized in making chirimen and jacquard woven silk fabrics. In this beautiful region, 2 hours north of Kyoto, craftsmen have been weaving silk fabric, and espe- cially «tango chirimen» for about 300 years. While there are various kinds of chirimen across Japan, one that especially stands out is Tango’s chirimen.
Chirimen is a very specific japanese kind of woven textile which uses raw silk twisted about 3,000 times per meter. The silk yarn is then compressed during the refinement process, which results in the untwisting of the weft, bringing a pattern of fine, bumpy- textured grains to the surface.
For Tayuh I designed 2 jacquard textiles for a fashion use. These silk woven fabrics are light and soft but with a nice heavy touch. The jacquard woven patterns make the textile play with the light, revealing the motif only when the fabric moves as the light hit its surface.

ファッションテキスタイル、2018 

クライアント:田勇

丹後、日本

田勇は、丹後を拠点とする絹織物会社で、ちりめんやジャガード織りの絹織物を専門とし ています。京都府の北部にあるこの美しい地域では、職人が絹織物、特に「丹後ちりめ ん」を約300年間織り続けています。日本にはさまざまな種類のちりめんがありますが、 その中でも特に有名なのが丹後のちりめんです。
ちりめんとは日本で織られている非常に特殊な織物で、1メートルあたり約3,000回程の強 い撚りをかけた生糸を使用しています。その後、 絹糸を精錬することで糸が収縮し撚りが もどり、ちりめんの特徴であるでこぼこのシボが生まれます。田勇では、ファッションテキスタイルとして使用できる、2つのジャガード織のデザイン を作りました。軽くて柔らかい触り心地ですが、程よい重さも感じられます。光の反射に よって様々なモチーフが現れるのがジャガード織物の面白さです。