CHACHA HATSU GO

Material development and handbagsMore info

Kumihimo (japanese braided trims) and leatherwork, 2019
Client : Ryukobo
Tokyo, Japan

Ryukobo is one of the oldest kumihimo makers and the only one that do all processes from producing raw silk threads to designing cord patterns, dyeing and braiding in Tokyo. Ryukobo’s well-known clients are the imperial family, kabuki actors, and japanese tea ceremony associations.
When I met Ryukobo, they asked me to make some research to find a new way to use their kumihimos and design a special product for them.
By fixing the thin braided trims side by side, we developed a heavy, thick, luxurious material. And because this new material was close to leather in terms of density, touch and flexibility, we decided to develop a small collection of high-end handbags made in this « kumihimo skin », using also cow and python leather and italian metallic pieces. In a Paris based leather workshop, we developed 3 handbags: a shoulder tote bag, a clutch bag and a bucket bag which can be turned into a crossbody using a large strap.

組紐と革、2019 

クライアント:龍工房

東京、日本

龍工房は、東京で最も古い組紐工房の1つであり、生糸の製造、設計、染色、組みまで、 一貫してすべての工程を行っています。龍工房の有名な顧客には、皇室、歌舞伎俳優や日 本茶道協会が名を連ねています。
龍工房に初めて訪れた時、今までにない組紐の新しい用途をリサーチすること、そして
特別な製品をデザインするように依頼を受けました。
細い組紐同士を隣り合わせにして組むことで、重厚で高級感のある新しい素材を開発しま した。この新しい素材は密度、 手触り、柔軟性の点で革に近いため、この«組紐スキン» に、さらに牛革、パイソン、イタリア製のメタリックな素材を使用し、ハイエンドのハン ドバッグコレクションを作ることにしました。パリの革工房で、ショルダーバッグ、ク ラッチバッグ、大きなストラップを使ったクロスボディにできるバケツバッグの3タイプの ハンドバッグを開発しました。