ALGAE AND FANS

Silk jacquard weavingMore info

Upholstery woven fabric, 2019
Client: Obha
Kyoto, Japan

These 2 designs were inspired by traditional japanese ornemental symbols: fans and koi fishes and reinter- preted. The fabrics were woven in Kyoto, on looms that originally weave obi belts (large belts worn on top of kimonos) with silk yarns.

Ohba is a obi belt weaver from Kyoto’s historical textile district, Nishijin. Ohba weaves kimono belt since 1958 in Nishijin, the well known textile district of Kyoto, but is now shifting his company in order to reach new markets such as the interior textiles industry. For Ohba I designed these 2 patterns which are woven on 140 cm wide looms and can be treated with a fire retardant solution in order to be suitable for contract pro- jects such as public spaces, restaurant, hotels, etc...

室内装飾用の織りのファブリック、2019 

クライアント:大庭 

京都、日本

この2つのデザインは、日本の伝統的な文様である扇と鯉からインスピレーションを受 け、現代風に落とし込んだものです。この生地は着物の帯を織っている織機を使って織り 上げられました。大庭は、1958年以来、京都の歴史的な織物地区である西陣で帯を織り 続けています。また、現在はインテリアテキスタイル業界などの新しい市場に参入してい ます。大庭のためにデザインした、2つの柄は、140cm幅の広幅の織機を使って織られて いて、公共施設、レストランやホテルなどで使用できるコントラクト案件にも適していま す。

ALGAE and FANS are upholstery fabrics inspired by very traditional items of the japanese culture but reinterpreted: Koi fishes and fans. ALGAEとFANSは、日本の文化の非常に伝統的なアイテムに触発されたが、再解釈された家具製造販売業用の生地です:Koiの魚とファン。