Mathilde Roseanne Brégeon

Mathilde Roseanne Brégeon was born in 1983 in Brittany, west coast of France. She graduated from the Ecole Nationale Supérieure des Arts Décoratifs (ENSAD) and the Duperré School of Applied Arts in Paris and holds a bachelor's degree in Fashion Design and a master's degree with honours in Textile Design.

During ten years of professional experience as a designer in the high-end textile industry, Mathilde worked in Paris, New York and Zürich for fashion brands such as Hermès or Kenzo, interior decor brands like Pierre Frey and smaller studios in both fashion and interior decoration.
During these years she gained experience and had the opportunity to work on a wide range of products such as fabric collections for fashion and interior, fashion accessories like scarves, jewelry, shoes and leather goods, carpets and rugs, wallpapers, etc.

In 2017, Mathilde started her own design studio, STUDIO KAERAÑ to develop bespoke projects for high-end clients from the fashion and home industries. STUDIO KAERAÑ designs collections for large and limited productions and offers a service of art direction and consulting to clients internationally.
Projects range from branding, collection development or trends to color and product design.

Since she started, she has worked with clients in the USA (carpets and rugs), India (rugs and scarves), and Japan (fashion accessories, fashion fabrics and interior fabrics, leather goods, jewelry).

For the last 3 years, closely with Japanese textile artisans, Mathilde has been particularly interested in developing projects that aim to promote japanese ancestral techniques in order to preserve them through the years, challenge them, make them evolve to adapt them to our contemporary market.

Among other projects, since 2018, Mathilde works as an art director and designer for Chiso, a 465 years old kimono house in Kyoto.

マチルダ・ロザンヌ・ブレジオン

マチルダ・ロザンヌ・ブレジオンは1983年にフランス北西部に位置するブルターニュ地方 で生まれました。デュペレ美術学校とパリ国立高等装飾美術学校でファッションデザイン とテキスタイルデザインを学びました。

マチルダはパリ、ニューヨーク、チューリッヒを拠点とするファッションブランド、エル メスやケンゾー、インテリアブランドのピエール・フレイなどを含む、様々なハイエンド なファッションやインテリア業界で10年間、実務経験をしてきました。この間、沢山の経験をし、ファッションテキスタイル、インテリアファブリック、スカー フ、ジュエリー、靴、レザーグッズ、カーペットやラグ、壁紙など様々な商品を生み出す 機会に恵まれました。

2017年、マチルダは自身のデザインスタジオ、スタジオ・カエラン(ケルト人としてのルー ツに敬意を表して選ばれた言葉)をスタートさせました。デザイナーとして、またアー
ティスティックディレクターとして、ファッションやインテリア業界のハイエンドなクラ イアントのためにオーダーメイドのプロジェクトを担当してきました。大きなコレクショ ンから、限定のコレクションなどをデザインし、アーティスティックディレクションやコ ンサルティング(ブランディング、商品開発、トレンド)など、フランスをはじめ海外で も行なっています。自身のスタジオのスタート以来、アメリカ(カーペットとラグ)、イ ンド(ラグとスカーフ)、日本(ファッションアクセサリー、ファッションテキスタイ ル、インテリアファブリック、レザーグッズ、ジュエリー)のクライアントと仕事をして います。

マチルダは年に数回日本に訪れ、日本のテキスタイル業界の職人達と仕事を共にして3年 が経ちます。代々受け継がれている織物の技術の継承や、新しく西洋のマーケットに向け た商品の開発などに特に興味を持っています。
数あるプロジェクトの中でも、マチルダは2018年から、創業465年を迎える京都の着物の 老舗、千總にてアーティスティックディレクター兼デザイナーとして活躍しています。